FC2ブログ
プロフィール

MAX

Author:MAX

訪問者数
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
トンロー・ソイ9角にある「焼き鳥 真」。ところで、真と言う看板はどこにもないのですが?と不思議に思うでしょう?これは暗くなると分かるのですが、鶏のマークとShinと書かれた丸い看板の下から「真」という文字が電光掲示板のように浮かび上がってくるんです。

まぁ、そんなことはさておいて、タイ人経営と思われる「焼き鳥 真」。なんちゃって焼き鳥か?と思いきや、普通に美味しいですし、しかも安い。お客さんの目の前で焼くところなんかも本格的ですしね。

また今どき30バーツ台のメニューがあることにも驚き。そんなわけで、タイ人経営と言えど、トンローというロケーションでこの価格設定。日本人の駐在員中心に賑わっています。

焼き鳥 真
焼き鳥 真

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
スクンビット・ソイ33/1にある60バーツショップの「Watts」です。

あれ、たしかここは「Neo」というお店ではなかったのかな?と思う人もおそらく多いでしょう。それもそのはず、実は昨年、同じ60バーツショップでも「Neo」から「Watts」に変わっているんですね。

MAXは知りませんでしたが、「Watts」と言えば、何でも大阪では有名なお店とのこと。「KOMONOYA」は見かけたことがあるんですけどね。

ところで、「Watts」に変わって何が変わったかというと、少しばかりお洒落になった店内とあとは・・・よく分かりません。

まぁ、日本では100円で売られているものが、タイでは60バーツと約2倍。どうしてもといった時にしか利用しませんからね。

Watts
Watts

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
サイアム高島屋にオープンした日本お土産の常設コーナー!そしてやはりありました。白い恋人!

NO.1という表示があるように、実はこの白い恋人はタイ人が喜ぶ日本のお土産人気1番なんですね。

何故、白い恋人が人気NO.1かというと、昨今の北海道ブームに伴い多くのタイ人が北海道旅行に行くようになりましたが、そのガイドブックに白い恋人がデカデカと紹介されているからなんです。と知り合いのタイ人が言っていました。

そんなわけで、日系デパートでは北海道物産展のタイミングでしか置かれなかった白い恋人が常に置かれるように・・・

価格は一番分かりやすいところで9枚入りが330バーツ。ということは、日本で買う金額の約2倍!

どうやら白い恋人は日本の空港で買ってきたほうが良さそうです。

白い恋人
白い恋人@高島屋

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
手で顔を隠していますが、何となく可愛い感じがしませんか?この子はパタヤ・ソイ6で働くジェニーちゃんですが、実は日本人受けする可愛い顔と裏腹に性格に難ありなんですね。

というのは、MAXがカウンターに座り、サンミゲルライトを注文。当然、このジェニーちゃんにもワンドリンクを奢ってあげます。暫くすると、いきなり「ショートタイム2000バーツ」の一言。

こちらはまだビールを飲み終わっていないので、「後で考える」と答えると、さらに「ワンドリンクOK?」・・・もう無言ですよね。そのあとは「ショートタイム2000バーツ」、「ワンドリンクOK?」、「かわいそうでしょう?」の繰り返し。

何故か、「かわいそうでしょう?」だけが日本語というのも笑えるところですが、ソイ6で何杯も強請られたのは初めてです。ホント。

ちなみにジェニーちゃんはバンコク出身の25歳。働いているお店はセカンドロードから入って15m程進んだ右手にあるバー。

写真左に写っている女の子のユニフォームから分かるかと思いますが、この子は要注意です。

ソイ6 ジェニー
パタヤ・ソイ6のジェニーちゃん

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
バンコクNO.1のランドマーク的ショッピングモールと言ったらどこでだろうか?MBK?サイアムパラゴン?それともエムクォーティエ?

いやいや、いつの時代も様々なイベントの中心となるセントラル・ワールドがやはりNO.1。というわけで、写真はそのセントラル・ワールドに直結するホテル「センタラ・グランド・アット・セントラルワールド」のルーフトップバー「Red Sky」から見たバンコクの夜景。

いまやバンコクには数多くのルーフトップバーがあれど、この「Red Sky」より立地・アクセスの便利なルーフトップバーは他にはありません。

行き方は簡単でBTSサイアム駅、もしくはBTSチットロム駅からスカイウォークを歩いてまずセントラル・ワールドに入ります。セントラル・ワールドに入ると左手奥にはホテルのエントランスがありますので、エレベーターで23階にあるロビーに。そのあとはエレベーターを乗り継いで55階に行けば、そこが「Red Sky」。その間、約15分くらいでしょうか?

お店に入ると、なかはレストランとバーに分かれていますが、やはりというか当然というかレストランにはほとんどお客さんがいません。そのかわりバーはほぼ満席で夜景の見やすい外周沿いのソファ席が空いていたら超ラッキーだと思います。

さて、気になる料金はドリンク330バーツくらいからあって、二人で行っても1000バーツには収まるかと。

あとお薦めの時間帯は「Red Sky」=夕焼けということで、18時前後だそうですよ。

Red Sky
Red Sky

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
海外レストラン予約
海外現地ツアー予約
ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
おすすめの映画
夜のお供に
おすすめの1枚
海外レストラン予約
海外現地ツアー予約
格安国際電話
航空券・ホテル検索
おすすめの書籍

楽天市場
フリーエリア
管理人にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: