FC2ブログ
プロフィール

MAX

Author:MAX

訪問者数
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
チャオプラヤー川沿いにある骨董品やアートなどを専門的に扱っているショッピングモールの「リバーシティー・バンコク」。詳しい場所は「ロイヤル・オーキッド・シェラトン」のすぐ隣ですね。

以前はディナークルーズの発着場があるだけの古びたショッピングモールと思っていたのですが、いつの間にやらお洒落な建物に大変身!

モール内には絵画や彫像・アンティーク品、タイシルク・ベンジャロン焼きなどの専門店が多数入居しているので、アート好きにとっては一度は押さえておきたいスポットです。

それとアジアティークやアイコンサイアム同様、チャオプラヤー川に面したレストランも幾つかあって、ディナークルーズに参加しなくても、ここだけで十分楽しめますよ。

リバーシティー・バンコク
リバーシティー・バンコク

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
写真を見れば一目瞭然!フローライダーが楽しめる「FLOW HOUSE BANGKOK」です。

詳しい場所はスクンビット・ソイ26にある「Aスクエア」のなか。

フローライダーとはどんな遊びかというと、ボディボード等に乗って前方から勢いよく出てくる水流にバランスをとってサーフィンの如く楽しむというもの。

オープン当初はそれなりに賑わっていましたが、いまでは遊びに来るお客さんの大半はファランの子供かその付き添いの親ですね。

まぁ、それもそのはず、ご覧のとおりの大きさ。プールサイドでのんびりなんて全くもってありません。

それに大人1時間800バーツ、子供1時間535バーツという料金も高すぎ!インストラクターが付くとはいえ、この料金にはビックリですね。

FLOW HOUSE BANGKOK
FLOW HOUSE BANGKOK

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
昨年、バンコクで一番高いビル、マハナコンにスカイウォークが誕生しました!

皆さん、最上階にあるガラスの床を歩いたり寝転がったりしているシーンを見たことがあるかと思いますが、ホント、高所恐怖症のMAXにとっては〇玉が縮み上がるくらいの体験でしたね。

しかし314mからの360度パノラマ風景は一見の価値ありですよ。確実に2019年バンコク観光スポットの上位に来ること間違いないでしょう。

またスカイウォークを歩くにはガラス面の保護のため靴にカバーを付けなければならず、バッグやスマホの持ち込みも禁止。ということは、よくある写真を撮るにはスタッフか他のお客さんにスカイウォーク外から撮影してもらうしかないです。

現在のところ、プロモーション期間につきスカイウォークまでの入場料は765バーツ!ただし写真を見て分かるように、ちょっとしたドリンク売り場はあるのですが、テーブルも椅子も無し。もちろんレストランなんかはありません。

そう考えると、360度の景色を見てスカイウォークを体験すれば、もうやることも無し。昼間の空いている時間に来るくらいで十分だと思います。

スカイウォーク
マハナコン・スカイウォーク

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
バンコクの新しいランドマークとなるか?チャオプラヤー川沿いにオープンした大型ショッピングモールの「ICONSIAM」です。

現在のところ、6階以上は未だ準備中のためレストラン街などには入れませんが、目玉となるタイ初の「アップルストア」と「高島屋」はすでにオープン!先発となるサイアム・パラゴンやセントラル・エンバシーと比べても負けず劣らず高級感バリバリですね。いや、むしろ「ICONSIAM」のほうが新しい分だけ上かな?

ただしネックはその立地と行き方。まずは日系デパートの高島屋が入ったのは嬉しい限りですが、日本人が多く住むスクンビット地区からは何といっても遠い!

またチャオプラヤー川沿いといってもトンブリー側なので、BTSサパーン・タクシン駅から無料シャトルボートで行くか?それともBTSクルン・トンブリー駅からこれまた無料シャトルバスで行くか?の二つのアクセスがメインとなりますね。

ちなみにBTSクルン・トンブリー駅から「ICONSIAM」近くまではモノレールが出来ますが、工事進捗状況を見てもまだまだ先のようです。まぁ、タイらしいと言えば、そうですけどね。

そんなわけで、今のところはシャトルボート体験も含めてBTSサパーン・タクシン駅からのアクセスがベターです。

ホント、あれだけ多くの乗降客が利用するBTSサパーン・タクシン駅は初めて見ました。

ICONSIAM
ICONSIAM

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
インスタ映えするという理由から火が付き、完全に観光名所となった「ワット・パクナム」

そんなわけで、皆さん、写真のエメラルドグリーンの仏塔を見たことはないでしょうか?

ほとんどの人が「ワット・パクナム」の仏塔5Fにあるこのプラネタリウムのような空間を求めてやってきますね。

さて、場所はBTSウタカート駅から徒歩15分程。駅のプラットホームから大きな白い仏塔が見えますので、そちらの方向に歩いていけば、無事に目的地に着けると思います。

ただし、基本は寺院なので、拝観料無料・服装チェックがないとはいえ、あまりに露出度の高い服装はNG。またこの空間に入った瞬間にはしゃぐのもNG。

インスタ映えするというのも良し悪しですね。

ワット・パクナム
ワット・パクナム

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
海外レストラン予約
海外現地ツアー予約
ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします↓
にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
おすすめの映画
夜のお供に
おすすめの1枚
海外レストラン予約
海外現地ツアー予約
格安国際電話
航空券・ホテル検索
おすすめの書籍

楽天市場
フリーエリア
管理人にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: