プロフィール

MAX

Author:MAX

訪問者数
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
スクンビット・ソイ39の奥にある一軒家のクレープ専門店の「La Creperie」です。

クレープなんて聞くと原宿にありがちなデザート系クレープしか思い浮かばないのですが、ここはしっかりとした食事系クレープがメインのお店ですね。

しかもフランス風!生ハムやチーズ、フォアグラなどが食材として使われていますよ。

まぁ、そんなお洒落な雰囲気から客層はやはりマダムが中心!というか、男性にはこういうお店はきついですよね。

価格は若干高めですが、広々とした駐車スペースに停っている車をみる限り、価格を気にするような客層でもないのも事実。

最寄駅のBTSプロンポン駅からの距離もありますので、基本的はバンコク在住者向けのお店でしょうか?

La Creperie
La Creperie

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
バンコクで初めて日本式オムライスを流行らしたお店!ネーミングそのままの「OMU」です。

本店はエカマイのパークレーンにあり、現在ではバンコク市内に6店舗を構えているとのこと。

写真はその中のひとつ、シーロム・コンプレックス店ですね。

何でもこの「OMU」、オーナーが日本に留学した際に食べたオムライスに感動して、これならタイでも流行る!と始めたのが発祥。

どこかでよく聞く話ですが、我々日本人が気付かないだけでまだまだタイでヒットする何気ない日本の食べ物があるのかも知れませんね。

さて、ここの特長はソースの種類の豊富さ!定番のデミグラスソースはもちろんのこと、トマトソースやホワイトソース、変わったところで和風ソース、カレーソースなんかもあります。

価格的にもリーズナブルですので、軽くオムライスが食べたくなったらお薦めのお店ですよ。

OMU
シーロム・コンプレックス店

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
ネーミングからどんなお店なのか?すぐに分かるかと思いますが、ネーミングそのままのパスタ専門店「スパゲティーファクトリー」です。

まぁ、パスタ専門店と言っても、ピザなどもあって雰囲気はカジュアルなイタリアンレストラン!日本で例えるのであれば、サイゼリアといったところでしょうか?(正直な話、1回しか行ったことがありませんが・・・)

また価格的にも各種パスタやピザが200バーツ前後とリーズナブルなので、若いタイ人カップルをメインに賑わっていますね。

ただし、味は価格に比例していますので、本格的なイタリアンを期待するのであれば、ちょっと・・・といった感じです。

スパゲティーファクトリー
スパゲティーファクトリー セントラルワールド店

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
タラート・ロットファイ・ラチャダーに本店がある「HOLY Cheese」ですが、最近ではバンコクのあちらこちらのショッピングモールで支店を続々とオープンさせていますね。

ということで、写真はシーロム・コンプレックス店!

何となくネーミングと写真から想像がつくかと思いますが、ここは牛肉、豚肉、ベーコンをチーズと一緒にパンに挟んで作るホットサンドウィッチが売り!サブウェイっぽい感じもありますが、とろける濃厚なチーズは見るからに高カロリーです。

まぁ、そんなわけで、カロリーを気にしない人にはお薦めですね。

ちなみにテナント料のせいなのか?タラート・ロットファイ・ラチャダーで食べるよりも支店のほうが少しだけ価格は高いですよ。

HOLY Cheese
HOLY Cheese シーロム・コンプレックス店

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
オーストラリアからやってきたお洒落なカフェ!「Patissez」です。

場所はスクンビット・ソイ39とソイ49を結ぶソイと言えば分かるでしょうか?ソイ39からは約100m程入ったところですね。

実はMAXはこんなお洒落なカフェが大好きなのですが、悲しいことに客層が女性メインとなると何故か気が引けてしまいます。

まぁ、それだけ歳を重ねてお店とのギャップを感じているということでしょうか?

というわけで、やはりここもお客さんの8割は女性!

メニューも女性が好みそうなドリンクやパスタ、サンドイッチなど・・・あとハンバーガーの種類も充実していますね。

ただし価格設定は若干高めで、ハンバーガーとドリンクで軽く500バーツは超えます。

なので、長時間居座らないと、もとは取れないかも?ちなみに無料Wi-Fiです。

タイ人でもセレブが住む街トンローだけあって路地裏にもお洒落なカフェがありますね。ホント。

Patissez
Patissez

今日も一押し宜しくお願いします→ 大人の生活ブログ

バンコク夜遊びのことなら→タイナイトライフ情報(ノンアダルト)ランキング
ブログランキング参加中
一日一回のクリックお願いします↓
おすすめの映画
女の子検索
夜のお供に
おすすめの1枚
指差し会話帳
格安国際電話
ホテル価格比較サイト
航空券・ホテル検索
おすすめの書籍

楽天市場
フリーエリア
管理人にメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: